人探しの調査方法

人探しとは基本的に、接触できなくなった対象人物の現在の居所や住所を調べるというものです。

人探しの他にも所在調査や行方調査という呼び方もあり、色々な探偵のホームページを見ていてもさまざまな表記がされていることかと思います。

人探しと言っても、その依頼内容は非常に多岐にわたっています。
※家出人、失踪者、行方不明の住所調査
※会いたい人、初恋の人、思い出の人、お世話になった人、恩師
※音信不通の親族、連絡のつかない知人の人探し行方調査
※浮気相手の所在調査、住所調査、勤務時間など・・・etc
このようにはさまざまな人探しの相談や依頼があるわけですが、どのような人探しでも引き受けるかというとそうではありません。

人探しの依頼を受ける際、最も注意を払うのが、ストーカー目的などの、違法な目的ではないかどうかということです。

探偵法により依頼を受ける際、依頼人に対して依頼目的がこうした違法目的ではない旨の誓約書に署名捺印をしてもらってから受けることになっています。

しかし、これだけでは完全に防げるわけではありませんので、話を聞いて辻褄が合わないなどの不審な人探しの案件はお断りする場合があります。

人探しをする場合に重要なのが情報の量と質です。

例えばその対象者が出会い系などインターネットを通じて知り合った相手で、情報として知っているのは相手の容姿、大体の年齢、職業、メールアドレスといった場合。情報量としてはいっけん多いように思われますが、どれも不確かな情報が多く、このよう人探しは難易度は高いと言えますし、もしくは探せない場合もあります。

例えば、相手のフルネーム、生年月日、勤務先名称など具体的で正確な情報がわかっていれば比較的探しやすいと言えます。

このように人探しにおいては、対象者の情報は少ないよりも多い方がいいですが、単に多ければよいというものではなく、その一つ一つの情報の正確性などの質が求められます。

対象者の現在の状況でも探し出せる可能性が大きく変わります。

それは対象者がどこかで普通に生活している状態か、もしくは逃げている状態なのかということです。

人探しでは、公的な資料や独自の情報源から調べる情報調査と、調査員が現場に赴き、周辺関係者への聞き込みや追跡などを行う実地調査を織り交ぜながら進めます。

対象者に関しての正確な情報が多くそろっていて、対象者も特に逃げているという状況ではない場合は、おもに情報調査だけで調べることが可能なケースが多いので直ぐに見つかる可能性があります。

一方、家出人探しのように確かな情報がそろっていても、ホテルなどを転々とし逃げているようなケースでは、情報調査だけでは難しく、人的な実地調査が主になってきますので、期間も長くなり見つからない可能性もあります。

このように所在・行方不明の方を依頼者に代わって探索致します。

カテゴリー: 探偵 八代, 探偵と法律 | タグ: , , , , , , | コメントする

盗聴発見をお勧めする訳

普段の何気ない生活で、「なんとなく違和感がある。」「なんで、この人が家族しかしらない事を知ってるの?」「この人と偶然出会う事が多い・・・」こんな事はありませんか?
「集団ストーカー」や「嫌がらせ」まさか。。「なんで自分がこんな目に」と思う事はたたあると思います。

知らない間に、発信機や盗聴器、盗撮器を設置されてることが、現実としてあります。
一度、安心のために盗聴発見調査をお勧めいたします。
調査時間は「六畳二眞の和室」「寝室」「子供部屋「リビング」「浴室」がある過程であれば

カテゴリー: 盗聴、盗撮 | コメントする

浮気の報復と刑法

他人ならさほど気にならないものの、一度信じた相手からの裏切りとなると、精神的ダメージは多大なるものであると思います。きっと、浮気されたから制裁を与えてやりたい。と考えてしまう方も多くいらっしゃると思います。でもその際に、やってしまったら刑法により罰せられる行為をいくつかご紹介します。

●名誉毀損罪:職場や家族、友人や近隣の人に浮気の事実をばらし、社会的な評価を下げる行為。罰則は、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金。

●脅迫罪:浮気の事実をネタに、損害を与えるつもりであることを伝える行為。罰則は、2年以下の懲役または、30万円以下の罰金。

●恐喝罪:相手に危害は加えないものの、金銭等の利益を得ようとする行為。罰則は、10年以下の懲役。

●暴行罪:傷害には至らなかったが、暴行を加える行為。罰則は、2年以下の懲役または、30万円以下の罰金。

●傷害罪:暴力により、相手を負傷させる行為。罰則は、15年以下の懲役または、50万円以下の罰金。

●殺人罪:人を殺める行為。罰則は、死刑または無期懲役。(若しくは5年以上の懲役)

被害者のはずが、気が付くと加害者に、、という結末はさけていただきたいです。正式な裁判を通した正当な話し合いにより、解決するに越したことはないですので、参考にされてください。

カテゴリー: 探偵と法律 | タグ: , , , , | コメントする

浮気調査の目的

~浮気調査の目的~
 ・真実を知るため
 ・相手と別れさせて、関係を修復するため
 ・浮気を確定させて、離婚を成立させるため
 ・浮気相手及び配偶者に対して、慰謝料請求をするため
 ・離婚の際に、相手との交渉(協議・調停・裁判)を有利に進めるため

 改めて文字にすると、少しナイーブに考えてしまいますね。
 しかし、弊社では、証拠集めを最終的な目的とはしておらず、浮気の疑いや事実に対して悩む毎日からの解放や、幸せな日常を取り戻すためのサポートなど、前向きな目的を前提として調査させていただいております。
 人生は一度きりです!ご相談、お見積は無料ですので、お気軽に、ご相談ください。  

 ★「浮気調査 西日本リサーチ 熊本」で検索!

カテゴリー: 浮気調査 | タグ: , , , | コメントする

八代探偵と倫理観

最近はwebでなんでも情報が手に入るようになりました。その一方で私たちは有益な情報を選ぶことに大変苦労します。

先日、ある探偵のサイトを見ていると気分の悪い記事がありました。

浮気願望に関するアンケートを使いコラムを書いているものだったのですが、何でも世の女性の半数が浮気をしたい、もしくは願望を持っているという結果のものでした。アンケート自体は事実ですからよいとして、締めの言葉に「あなたの周りの既婚女性も浮気願望を持っているかも」的なことを書いていたのです。

浮気や不倫を斡旋してどうする!と怒りがこみ上げました。確かに、私たちの仕事はそれらを調査することも含まれますが斡旋しているわけではありません。

依頼される方々には苦しんでおられる方、藁にもすがる思いでご相談される方もいらっしゃいます。

なんだか同業者として恥ずかしく、悔しい気持ちになりました。

調査会社選びは難しいと言われます。
今、悩んでおられる方が調査会社の考え方や倫理観を少しでもわかった上で選択いただけるようにホームページやブログが役に立てばよいと改めて思いました。

西日本リサーチではどんなご相談にも真摯に対応いたします。

カテゴリー: 探偵日記(八代) | コメントする